律儀な性格で将軍になれた秀忠

ここでは、「律儀な性格で将軍になれた秀忠」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
徳川秀忠。

2代将軍であるが、初代が家康。

息子の3代家光。


この二人に囲まれ、あまり歴史上の話題に上がらない・

彼はどんな人物だったか?

性格的には、律儀な性格だったそうで。

三男であり、当時からすると家督を継げる身分ではなかった。

とは、いえ長男の信康はすでにこの世にいない。

そうなると、ライバルは二男の秀康。

彼は、いわゆる熱血漢で勇敢な武将でもあったといわれる。

関ヶ原の前の、会津上杉ぜめ。

ここで、家康が会津を攻め続ければ、後の石田三成と
挟み撃ちになる。

なので、その情報をキャッチした家康は、上杉攻めをやめ
石田三成との決戦に臨んだ。

ここで、大事なのが退却時のしんがり。

ここで、食い止めておかないと本隊に影響が出る。

そこで、任されたのが二男秀康。

彼は期待以上の働きをして、家康を満足させたという。

では、なぜ彼は将軍になれなかったのか?

それは、また次回。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090618-00000047-sanspo-ent


徳川秀忠関連商品はこちら
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokugawa15.blog57.fc2.com/tb.php/135-26f4b556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。