忠臣蔵と尾張藩の微妙な関係

ここでは、「忠臣蔵と尾張藩の微妙な関係」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤穂浪士の忠臣蔵。

実は、尾張藩にも関係があったらしい。

もちろん、直接的な関係はないが、間接的に関係があるらしい。

というのも、赤穂の浅野家。

ここの本家が広島にあるらしい。

ここの姫が、初代尾張藩主のところへ嫁にきた。


そこで、一緒についてきた侍が、そのまま尾張藩士になった。

ここの子孫が、実は赤穂浪士と関係があった。

討ち入りの浪士の中に、ここの子孫がいたらしい。

といっても、このときは他家へ養子に出されていたが、
関係がないとはいえないということで、この浪士の親が謹慎処分となった。

その後、浪士に切腹を申しつけられたあと、謹慎は解けた。

このように、微妙ながら忠臣蔵と尾張藩の関係があった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokugawa15.blog57.fc2.com/tb.php/125-7878a037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。