徳川一族の話題を中心に江戸時代のおもしろ出来事などを 紹介していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水戸黄門はドラマのような人ではなかった?

 

あたりまえだが、実はこんな話がある

 

能の舞台の話。

 

客人は、幕府の関係者。

 

老中とかのレベルの人だろう。

 

そんな、舞台に控室で事件は起きた。

 

部下を刺殺したという。

 

 

理由は?

 

いろいろあるが、不明。

 

そのあと、何気なく舞台に立ち。

 

能を披露したとか

 

 

かなりの激情家だったらしい。

 

 

水戸黄門ファンに贈るお歳暮はこれ

スポンサーサイト

今週のアド街は会津でした。

 

会津といえば、徳川家とも関係が深い場所。

 

江戸初期は、徳川秀忠の息子、保科正之が藩祖となった会津藩。

 

幕末は、尾張藩の支藩 高須松平家より養子に来た、松平容保が

悲劇の藩主となった戊辰戦争など。

 

まあ、それよりもさかのぼれば大河ドラマの、あの人とも関係が深い

場所。

 

 

歴史上にも、幕末だけじゃない。

 

というわけですか。

 

 

あの人とは、この人ですね。

 

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。